忍者ブログ

白癬

白癬について、症状や治療法などを解説しています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白癬を紫外線で治療する

水虫やいんきん、たむし、頭部白癬といったものはすべて、感染する場所が違うだけで、同じ白癬菌が元で発生します。
 
白癬菌という真菌が、体に付着して感染すると、感染した箇所は大変な痒みを伴って、皮膚がぼろぼろとはがれてしまいます。
 
白癬菌の治療は、塗り薬と飲み薬が主ですが、最近は白癬を紫外線で治療することもできるようになりました。
 
これは、主に水虫の治療として使われておりますが、紫外線を直接当てて水虫を殺菌するという治療方法になります。
 
これらの器具は、使用方法も大変簡単で、たいていのものは足を入れるだけで水虫の治療ができ、さらに使用時間も1分ほどで済みます。 
 
「水虫だけ?あとのいんきん、たむし、頭部白癬などの場所は紫外線治療できないの?」と思った方も多いことでしょう。
 
当然、足以外の場所の白癬菌に対応している、紫外線の器具もあります。
 
簡単で、手軽に自宅で治療ができるため、最近とても注目を集めている紫外線器具ですが、必要以上に紫外線を浴びすぎてしますと、皮膚や体に多大なダメージを与えるものです。
 
それと、紫外線の器具を使用すれば、表面の白癬菌は確かに殺すことが可能ですが、皮膚の奥の白癬菌には紫外線は届きません。
 
このため、完全に白癬菌の治療になるわけではなく、これと併用して飲み薬や、塗り薬を使い長期スパンでしっかり着実に、白癬菌を殺していくことをお勧めします。
 
併用すること前提で使用するならば、白癬菌には効果的といえるでしょう。
 
 
 
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
はくせん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索